微生物燃料電池セミナー 2014
〜基礎からわかる微生物燃料電池〜

「微生物燃料電池セミナー2015」は2015年8月28日に岐阜大学で開催します。
参加申し込み受け付け中。詳細はこちら
 


 
微生物燃料電池セミナー2014は無事終了いたしました。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。  
↓ 当日の様子

午前中の講義1

午前中の講義2

午後の実習1

午後の実習2

 

 開催日:2014年8月22日(金) 9:00 〜 17:00 (講習は9:00 〜 12:00)

 場所:岐阜大学  工学部 (岐阜市柳戸1-1)

 講義レベル:これから微生物燃料電池の研究をはじめる人向け

 募 集人数:講習のみ(最大30名程度)、講習+実験実習(最大20名)(先着順)
     (実験実習を受講する人は、講習も必ず受講していただきます。)

 
 
参加費:講習のみ    一般               5,000円
                   水環境学会員       3,000円
                       学生               2,000円
                       高校生                無料 

     講習+実習  一般              20,000円 
                       水環境学会員      12,000円 
                       学 生              6,000円
            高校生(最大1名)      無料 

   ※実習コース参加特典:希望者には実習に使った微生物燃料電池リアク ターを半年〜1年程度、貸出いたします。

 
 
実習に使う微生物燃料電池
(実習参加者に貸出可)

 

      ※代金は基本的に銀行振込でお願いします。(口座番号等はお申し込み後にお知らせします。)
       振込手数料は参加者でご負担ください。振込後のキャンセルはご遠慮ください。

      ※受け付けは基本的に先着順になります。

      
 
 申込み受付期間:講習+実習 コース 5/28(水)〜 7/31(木) 受け付けは終了しました 、講習コース 5/28(水)〜 8/15(金)頃まで 受け付けは終了しました  
 
 主催:公益社団法人 日本水環境学会 電気化学的技術研究委員会
 共催:岐阜大学
 講師:
市橋 修廣岡 佳弥子

 実施内容:
 
講習(9:00 〜 12:00)
  ・微生物燃料電池の原理と現在の性能について
  ・微生物燃料電池の作成方法:材料と入手方法、作成方法

  実験実習(13:00
 〜 17:00)
 エアカソード1槽型微生物燃料電池の作成   
 ・カソードの作成(実習)
 ・アノードの作成(実習)
 ・リアクターの組み立て(実習)
 ・植種および運転開始(講師によるデモンストレーション)

 ※講習および実習後に質疑 応答の時間を設けます。

 持ち物、服装(実習参加者のみ):白衣、保護メガネ、筆記用具、多少汚れても構わない服装
(吸収缶付マスク※をご持参いただければ、カソードを炉で焼成する工程もご覧になれます。
 加熱を行わう前の炉にカソードを入れるデモについては、マスクなしでもご覧になれます。)
 ※マスクは、例えば『アズワン 1-4547-11(別途、有機ガス用吸収缶 ”アズワン 1-4549-02” など必要)』などのようなものです。
 ※粉じんを扱うため簡易防塵マスクを配布いたしますが、心配な方は 防塵マスクをご持参ください。
 (上記ガスマスク『アズワン 1-4547-11』に 『アズワン 1-4549-02』をつけたものは、防塵マスクとしても機能します。)

 問い合わせ先:市橋 修  
               ichihasi at gifu-u.ac.jp (at= @に置き換えてください) 

 最終更新:2015/6/
21