岐阜大学流域圏科学研究センターのWEBサイトです

流域圏科学研究センター

RIVER BASIN RESEARCH CENTER

テレビ出演・新聞報道(原田准教授)

7月上旬に発生した豪雨災害について、当センター水系安全研究部門の原田准教授(河川工学)がコメントしています。

7月10日(火)17:00- 東海テレビ ニュースONE
「危険 山あいの川のボトルネック」

7月12日(木)朝日新聞朝刊 35面 岐阜
「堅固な地質 人定被害拡大阻む 河川改修、高い防災意識も影響」

7月12日(木)朝日新聞デジタル  社会/災害・交通情報/岐阜
川氾濫後に避難指示 避難の目安なし 岐阜県が検証へ

7月14日(土)中日新聞朝刊 16面 岐阜
「濁流 大雨特別警報1週間 (上)紙一重で助かった命」

7月17日(火)朝日新聞デジタル 社会/災害・交通情報/岐阜
羊もアルパカも「みんな元気です」 豪雨耐えた高原

7月17日(火)HuffPost News 
記録的な大雨を耐えたアルパカたち。岐阜県郡上市の状況はどうだった?(西日本豪雨)

7月18日(水)北日本新聞/伊勢新聞/宮崎日日新聞/高知新聞/四国新聞/東奥新聞/日本海新聞 7誌
過去の教訓生き被害抑制 (その他類似の記事。共同通信社取材による。)


原田准教授によるコメントはこちら