第1回流域圏保全研究推進セミナー開催について

流域圏保全研究推進セミナー開催のご案内

【開催趣旨】 

 岐阜大学流域圏科学研究センターでは流域圏の現状診断と管理支援および変動予測に基づいて、持続的な自然資源の利用を実現する実践的な『流域圏科学』を国内外の大学や研究機関、観測ネットワークの支持も受けながら推進しています。本拠点活動の一環として、本年度から、流域圏科学、流域圏保全学に関連する下記の5課題の共同研究公募を開始しました。

  1. 気象・水・物質循環システムと人間活動影響に関する研究
  2. 生態系の動態と機能の解明と予測に関する研究
  3. 流域圏の安全・リスク診断と、それに資する環境・社会情報分析に関する研究
  4. 流域資源・エネルギーの保全・活用に関する研究
  5. その他、流域圏科学の発展、流域圏保全に資する研究

 これらの研究に関連する国内外の幅広い分野の研究者・学生が一同に会することで研究交流を促進し、それぞれが持つ研究知見を相互に提供し新たな研究の萌芽を生み出す機会として国際シンポジウムを含む第一回流域圏保全研究推進セミナーを開催します。ぜひ参加をご検討下さい。また、2日目(2017年3月7日)に開催する国際シンポジウムのポスター発表者を募集します。こちらでの研究発表もあわせてご検討下さい。

 

— 参加・ポスター発表者募集中  —

 第一回流域圏保全研究推進セミナーに参加を希望される方は、参加登録情報を下記のメールをアドレスまで送付してください。なお、2日目(3月7日)には国際シンポジウムのポスター発表の途中に昼食(レセプション)を開催します。このため、2日目(3月7日)に参加される方は、自動的に昼食(レセプション)へ参加となります。ご了承下さい。参加登録後、一週間以内に返信がない場合は、お手数ですが、再度連絡をお願い致します。

tentative agenda.pdf <= 第1回流域圏保全推進セミナーの開催案内およびプログラムを公開いたしました.

 

参加登録・要旨締め切り:2016年12月27日(火)2017年1月9日(月)まで延期いたします.

参加登録情報送付先: rbrc2017@green.gifu-u.ac.jp

 参加登録情報(Registration form)については、「国際シンポジウムアジェンダ」を参照してください。なお、要旨のサンプルは下記からダウンロード可能です。

 国際シンポジウムアジェンダ(International symposium agenda)

 [pdfファイル]

 国際シンポジウム発表要旨(Abstract sample)

 [wordファイル]

 

【開催内容】

 開催日:2017年3月6,7日(月、火)

【主催等】

 主催:流域圏科学研究センター

 後援:高山コミュニティ

【開催場所】

 〒501-1193 岐阜県岐阜市柳戸1-1 岐阜大学

 

【日時】

 第1日:2017年3月6日(月)

 <流域保全学推進セミナー開催>

  13:00    開催趣旨説明等

  13:15-18:00  招待講演者による発表(最大12件程度)

 

 第2日:2017年3月7日(火)

 <流域保全学推進セミナー(国際シンポジウム含む)開催>

  9:00-15:00 国際シンポジウム(詳細は国際シンポジウムアジェンダ参照)

   口頭発表(招待講演者)

   ポスター発表(一般募集)+昼食(レセプション)

  15:15-16:00 共同研究へ向けた活動報告

   (共同研究支援室活動報告・BWEL・高山試験地)

  16:10-16:20  国際シンポジウムポスター賞表彰

  16:20-16:30  センター長挨拶

 

【問合せ先】

 メール:rbrc2017@green.gifu-u.ac.jp