森林GISフォーラム 東京シンポジウム

2016年2月2日(火)に森林GISフォーラムの主催で航空機レーザデータの活用についてシンポジウムが開催されます。本研究室の粟屋が発表しますので、ご参加下さい。
平成27年度 東京シンポジウム -航空機LiDARデータと森林管理-
開催日:2016年2月2日(火)11:00-17:15
場 所:東京大学農学部 弥生講堂アネックス
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1

主催:森林GISフォーラム  http://fgis.jp/
《プログラム》

■ 【賛助会員による森林GISのデモ】 11:00-17:00 (受付10:30-)
■ 13:00 開会宣言 野田 巌(森林GISフォーラム会長)

■ 【シンポジウム】 -航空機LiDARデータと森林管理-
●13:05
「森林情報関連事業の概要」
林野庁計画課
13:20
「航空機LiDARデータを用いた森林資源の把握-現状と課題」
岐阜大学流域圏科学研究センター 粟屋善雄
13:45
「航空レーザ解析による単木情報を用いた次世代森林経営」
アジア航測株式会社 大野勝正
14:10
「航空レーザデータによる林相分類」
株式会社パスコ チャタクリ スバス
14:50
「リモートセンシングと地上調査を組み合わせた
REDD+プロジェクトのための熱帯林の炭素蓄積の観測技術」
国立研究開発法人森林総合研究所 鷹尾 元
15:10
「航空レーザ測量を活用した山地災害の危険度情報整備について」
長野県林務部森林づくり推進課 小澤岳弘
15:30
「航空機LiDARデータによる伐採可能量の調整について」
住友林業株式会社山林部大阪事業所 岡田広行

●16:00【賛助会員による話題提供】
●17:15閉会

東京シンポ2016案内