論文・発表 | Article

2017年度(H29)

<発表論文>

  1. ***
  2. 赤堀良介,原田守啓,石黒聡士,青島正和,中田詞也 (2017) SfM-MVSを応用した出水前後の微地形変遷の検討, 河川技術論文集, 23, 203-208.

<学会発表>(予定含む)

  1. 原田守啓,杉山英夫(2017)気候変動適応に向けた岐阜の取組み(中間報告),第45回環境システム研究論文発表会,2017/10/21-22 (大阪)
  2. 原田守啓,アマナトゥラサヴィトリ,角田美佳 (2017) 自然堤防帯を流れる河川高水敷掘削後の土砂再堆積過程に流域特性が与える影響,ELR2017,2017/9/22-25 (名古屋)
  3. 原田守啓,丸谷靖幸,児島利治 (2017) アンサンブル気候変動予測データベースd4PDFを用いた長良川流域における洪水流出解析,水文水資源学会,2017/9/19-21(北見)
  4. 児島利治,原田守啓 (2017) 20kmメッシュ d4PDF降水データの確率水文量のバイアス補正に関する検討,水文水資源学会,2017/9/19-21(北見)
  5. 大橋一弘,井上公斗,原田守啓 (2017)  混合粒径条件下における高精度な流砂量式構築のための基礎的研究, 土木学会年次学術講演会 72th, 2017/9/11-13 (福岡)
  6. Rahma Yanda, Morihiro Harada, Ichiro Tamagawa (2017) Prediction of Vertical Profile of Streamwise Velocity Using Double-Averaging Method, E-proceedings of the 37th IAHR World Congress, August 13 – 18, 2017, Kuala Lumpur, Malaysia.
  7. Morihiro Harada, Rahma Yanda, Yukio Onoda, Yuichi Kayaba (2017) Swimming Fish Habitat Evaluation Concept Focussing on Flow Characteristics around the Roughness Layer in Streams, E-proceedings of the 37th IAHR World Congress, August 13 – 18, 2017, Kuala Lumpur, Malaysia.

2016年度(H28)

<発表論文>

  1. 永山滋也,原田守啓,佐川志朗,萱場祐一 (2017) 揖斐川の高水敷掘削地におけるイシガイ類生息環境-掘削高さおよび経過年数との関係-, 応用生態工学,19(2):131-142.
  2. Shigeya Nagayama, Morihiro Harada, and Yuichi Kayaba (2016) Distribution and microhabitats of freshwater mussels in waterbodies in the terrestrialized floodplains of a lowland river, Limnology, 17, 3, 263-272. DOI 10.1007/s10201-016-0480-0
  3. 原田守啓, 荒川貴都, 大井照隆, 鈴木英夫, 沢田和秀 (2016) UAVと水域可視化処理による 河川地形計測手法の検討, 河川技術論文集, 22, 67-72.

<寄稿>

  1. 植山浩樹, 池上進一, 前田敏昭, 原田守啓 (2016) まちづくりと連携した川づくり~本巣郡北方町の清流平和公園と糸貫川~, 土木技術資料, 58-5, 40-43.
  2. 藤田裕一郎,森誠一,清水佳子,和田清,原田守啓,藤井孝文,児玉孝哉,坂野嘉治,伊藤克敏,内川靖(2016) 水生生物の移動を支える河川環境のきめ細かな修復活動 産学官民が一体となって進める自然と共生した県土づくり,水利科学,349.39-55.
  3. 原田守啓(2017) 特集河川環境モニタリング 河川環境モニタリングのニーズにUAVは応えられるか,RIVERFRONT, vol.84, pp.16-19.

<学会発表>

  1. 大橋一弘・原田守啓(2016) 混合粒径条件下における高精度な流砂量式構築のための基礎的実験,  土木学会年次学術講演会講演概要集,71th, II-49.
  2. 荒川貴都・原田守啓 (2016) 扇状地河川における砂州表層の粒度及び凹凸の空間分布特性, 応用生態工学会第20回東京大会(東京), p.55.
  3. 板垣侑理恵・原田守啓(2016) 山間地河道の礫段地形の保全・復元手法に関する基礎的検討〜切立川における検討事例 〜, 応用生態工学会第20回東京大会(東京), p.57.
  4. 天野裕行・原田守啓(2016) 表層地質に着目した山地河川の地形特性の基礎的検討, 応用生態工学会第20回東京大会(東京), p.58.
  5. 和田彰・岩瀬晴夫・三橋弘宗・原田守啓・林博徳・後藤勝洋 (2016) 水辺の小さな自然再生を通じた川づくりの人づくり PDCA 〜コラボで取組む段階的な人材 育成プログラム(試案)〜, 応用生態工学会第20回東京大会(東京), p.99.  [優秀ポスター事例発表賞 発表者:和田彰氏]
  6. 高岡広樹・原田守啓・藤森琢(2107)山地流域における砂防ダムの堆砂量と粒度特性に関する研究, 平成28年度土木学会西部支部研究発表会(佐賀)
  7. Rahma Yanda, Morihiro Harada and Ichiro Tamagawa (2017) Prediction of vertical profile of streamwise velocity using double-averaging method, The 1st International symposium of River Basin Studies (Gifu), p.30.
  8. Amanatullah Savitri, Morihiro Harada and Ichiro Tamagawa (2017) Potential source of sediment production in mountainous area: A case study in Lusi watershed, Central Java, Indonesia, The 1st International symposium of River Basin Studies (Gifu), p.34.

2015年度(H27)

<発表論文>

  1. Rahma Yanda, Morihiro Harada, and Ichiro Tamagawa (2016)  The Effects of Sediment Supply on Hydraulic Characteristics of Flow over the  Imbricated Cobbles, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser.B1 (Hydraulic Engineering), Vol. 72, No. 4, I_613-I_618.
  2. Shimojima Eiichi, Tamagawa Ichiro, Horiuchi Masato, Woodbury Robert J., Turner Jeffrey V. (2015)  Observation of water and solute movement in a saline, bare soil, groundwater seepage area, Western Australia. Part 2. Annual water and solute balances. Soil Research.
    http://dx.doi.org/10.1071/SR14340
  3. 原田守啓,高岡広樹,大石哲也,萱場祐一 (2015) 扇状地の中小河川における部分拡幅工法の有効性, 河川技術論文集, 21:253-258.
  4. 大石哲也,原田守啓,高岡広樹,萱場祐一 (2015) 中小河川における河川環境に配慮した河道設計支援ツールの開発, 河川技術論文集, 21:7-12.
  5. 池田茂,片桐浩司,大石哲也,原田守啓,萱場祐一 (2015) 河道掘削後の河川氾濫原の変化過程に関する考察, 河川技術論文集, 21:247-252.
  6. 知花武佳,原田守啓 (2015) 河川におけるマクロスケールの現象を大局的に捉えるアプローチの有効性, 応用生態工学, 18(1):47-52.
  7. 原田守啓,小野田幸生(2015) 河床の見方をめぐる新たな展開:特集を企画するにあたって,18(1):1-2.

<論説・総説>

  1. 原田守啓,萱場祐一 (2015) 河川中上流域の河床環境に関する研究動向と課題, 応用生態工学, 18(1):3-18.
  2. 永山滋也,原田守啓,萱場祐一 (2015) 河川地形の生息場の分類~河川管理への活用に向けて~, 応用生態工学, 18(1):19-34.

<学会発表>

  1. 吉村伸一,原田守啓,崎谷浩一郎,山田裕貴(2015)宮川堤の持続的景観保全-近世突出し堤の機能評価と堤防強化-,景観・デザイン研究講演集,  第11回景観・デザイン研究発表会(東京),12月12~13日,No.11, pp.81-86. [優秀講演賞 発表者:吉村伸一氏]
  2. 末松透,玉川一郎(2015) ボリュームスキャン可能なドップラーソーダの開発に向けて, 日本気象学会2015年秋季大会講演予稿集, 日本気象学会2015年秋季大会(京都), 10月28~30日, 108, p.222.
  3. 高岡広樹・大石哲也・原田守啓・萱場祐一(2015)中小河川における洪水時の河床形態と河道景観との関係について,土木学会第70回年次学術講演会(岡山),9月16~18日
  4. 大石哲也・高岡広樹・原田守啓・萱場祐一(2015)中小河川における河道計画時に利用可能な環境評価ツールの検討,土木学会第70回年次学術講演会(岡山),9月16~18日
  5. Yuichi Kayaba, Tetsuya Oishi, Morihiro Harada (presenter) ,  Hiroki Takaoka, Yukio Onoda, and Terutaka Mori (2015) Environmental impact evaluation and mitigation for integrated sediment management – Outline of research at Aqua Restoration Research Center -, Gravel Bed Rivers 8 (Kyoto, Takayama)
  6. Shigeya Nagayama, Hiroki Takaoka, Satoru Nakanishi, Morihiro Harada, and Yuichi Kayaba (2015) Geomorphological changes for the last half-century in a lowland segment of Kiso River – Bed degradation and terrestrialization -, Gravel Bed Rivers 8 (Kyoto, Takayama)
  7. 原田守啓・荒川貴都・天野裕行・大橋一弘 (2015) 石礫床河川における効率的な河床環境調査手法の試行, 応用生態工学会第19回郡山大会(郡山)
  8. 原田守啓・高岡広樹・大石哲也・萱場祐一 (2015) 扇状地の中小河川における部分拡幅工法の有効性, 応用生態工学会第19回郡山大会(郡山)
  9. 後藤勝洋・和田彰・三橋弘宗・原田守啓・林博徳 (2015) できることからはじめよう 水辺の小さな自然再生, 応用生態工学会第19回郡山大会(郡山)

<寄稿>

  1. 原田守啓(2015) 特集水辺の小さな自然再生 「小さな自然再生」の進め方~岐阜県河川を例に,RIVERFRONT, vol.80, pp.6-9.
  2. 原田守啓(2016) 特集岐阜の川 木曽三川における多自然川づくりとその背景,河川文化,73号,pp.10-11.

 2014年度(H26)

<発表論文>

  1. Taku Saitoh, Shin Nagai, Jun Yoshino, Hiroaki Kondo, Ichiro Tamagawa, and Hiroyuki Muraoka, Effects of canopy phenology on deciduous overstory and evergreen understory carbon budgets in a cool-temperate forest ecosystem under ongoing climate change, Ecological Research, 10.1007/s11284-014-1229-z, 2014.
  2. Zhikun Zhu, Yaoming Ma, Maoshan Li, Zeyong Hu, Chao Xub, Lang Zhangb, Cunbo Hanb, Yongjie Wang, and Tamagawa Ichiro, Carbon dioxide exchange between an alpine steppe ecosystem and the atmosphere on the Nam Co area of the Tibetan Plateau, Agricultural and Forest Meteorology Volume 203, Pages 169–179, 2015
  3. 原田守啓,永山滋也,大石哲也,萱場祐一 (2015) 揖斐川高水敷掘削後の微地形形成過程,土木学会論文集B1(水工学),71,4,I_1171-1176.
  4. 高岡広樹,原田守啓,大石哲也,萱場祐一 (2015) 土砂災害防止法に基づく基礎調査の結果を用いた流出土砂量の評価,土木学会論文集B1(水工学),71,4,I_967-I-972.
  5. 永山滋也,原田守啓,萱場祐一 (2015) 河道内氾濫原環境の評価手法の開発,土木技術資料,57-2,pp.6-9.
  6. 永山滋也,原田守啓,萱場祐一,根岸淳二郎 (2014) イシガイ類を指標生物としたセグメント2における氾濫原環境の評価手法の開発:木曽川を事例として,応用生態工学,17,No.1,pp.29-40.
  7. 永井智幸,原田守啓,林 博徳,高橋邦治 (2014) 樋井川における河道安定と瀬淵構造の保全創出の取り組み,河川技術論文集,20,pp.283-288.

<論説・総説>

  1. 永山滋也*,原田守啓*,萱場祐一 (2015) 高水敷掘削による氾濫原再生は可能か?~自然堤防帯を例として~,応用生態工学,17,No.2,pp.67-77. *double 1st author
  2. 原田守啓,高岡広樹,大石哲也,萱場祐一 (2014) 多自然川づくりと流体力学の接点,日本流体力学会誌「ながれ」,33,4,355-360.

<学会発表>

  1. 玉川一郎(2014) 中部山岳域でのJALPS データアーカイブによる雨量計データと解析雨量との比較, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 水文・水資源学会2014年度研究発表会(宮崎) 9月25~27日, 47, p.94-95
  2. 久保田大貴・玉川一郎(2014) 降雨遮断メカニズムの熱収支解析, 水文・水資源学会研究発表会要旨集, 水文・水資源学会2014年度研究発表会(宮崎)9月25~27日, P70, pp.290-291
  3. 末松 透・玉川一郎 (2014) ボリュームスキャン可能なドップラーソーダの開発中間報告, 平成26年度気象学会中部支部研究発表会(名古屋)11月27~28日
  4. 玉川一郎, 解析雨量とJALPS気象データアーカイブとの比較により示唆された雨量観測の問題点, 中部山岳地域環境変動研究機構2014年度年次研究報告会(信州大学農学部)12月11~13日, CM1, p.20
  5. 野田有佑・藤田裕一郎・澤田謙二・水上精榮 (2014) 河道堰上げ区間の深掘れ部における流れ特性の観測調査,土木学会第69会年次学術講演会(大阪)9月10~12日, II-146.
  6. 原田守啓・永山滋也・大石哲也・萱場祐一 (2014) 揖斐川高水敷掘削後の微地形形成とヤナギ類の定着.応用生態工学会第18回東京大会(東京) [最優秀発表賞 発表者:原田守啓]
  7. 永山滋也・原田守啓・萱場祐一 (2014) 河道タイプで異なるイシガイ類生息制限要因. 応用生態工学会第18回東京大会(東京)
  8. 原田守啓・永山滋也・大石哲也・萱場祐一 (2014) 揖斐川高水敷掘削後の堆積状況に関する現地調査.第68回土木学会年次学術講演会(大阪)
  9. 大石哲也・高岡広樹・原田守啓・萱場祐一 (2014) 河道横断面形状の設定と草刈りの有無が植生変化に与える影響.第68回土木学会年次学術講演会(大阪)

<著書>

  1. 自然災害のリスクを読み解く (2014) 「災害学習-東日本大震災から学んだことを活かす-」,学報社,105-140.
  2. 中小河川での「多自然川づくり」の取り組み (2014) 「岐阜の淡水生物保全BOOK ぎふの淡水生物をまもる 増補改訂版」,岐阜大学応用生物科学部,63-65.
  3. 美しい山河を守る災害復旧基本方針[平成26年3月改定版] (2014) 国土交通省水国土保全局防災課編,公益社団法人全国防災協会,146pp.
  4. できることからはじめよう 水辺の小さな自然再生事例集 (2015) 「小さな自然再生」事例集編集委員会編, 日本河川・流域再生ネットワーク(JRRN)

 


2013年度(H25)

<発表論文>

  1. Saitoh T.M., Tamagawa I., Muraoka H., and Kondo H.
    An analysis of summer evapotranspiration based on multi-year observations including extreme climatic conditions over a cool-temperate evergreen coniferous forest, Takayama, Japan.
    Hydrological Processes, DOI:10.1002/hyp.9834, 2013.
  2. Shimojima Eiichi, Tamagawa Ichiro, Horiuchi Masato, Woodbury Robert J., Turner Jeffrey V.
    Observation of water and solute movement in a saline, bare soil, groundwater seepage area, Western Australia. Part 1: Movement of water in near-surface soils in summer.
    Soil Research 51, 288–300. http://dx.doi.org/10.1071/SR12282, 2013.
  3. 上野健一, 磯野純平, 今泉文寿, 井波明宏, 金井隆治, 鈴木啓助, 小林元, 玉川一郎, 斎藤琢, 近藤裕昭,
    大学間連携事業を通じた中部山岳域の気象データアーカイブ,
    地学雑誌, 122(4), 638-650, doi:10.5026/jgeography.122.638, 2013.
  4. Shin Nagai, Taku M. Saitoh, Kenji Kurumado, Ichiro Tamagawa, Hideki Kobayashi, Tomoharu Inoue, Rikie Suzuki, Minoru Gamo, Hiroyuki Muraoka, Kenlo Nishida Nasahara
    Detection of Bio-Meteorological Year-to-Year Variation by Using Digital Canopy Surface Images of a Deciduous Broad-Leaved Forest,
    SOLA, 9, 106-110, 2013.
  5. Masatoshi Kuribayashi, Nam Jin Noh, Taku M. Saitoh, Ichiro Tamagawa, Yasutaka Wakazuki, Hiroyuki Muraoka, Comparison of Snow Water Equivalent Estimated in Central Japan by High-Resolution Simulations Using Different Land-Surface Models,
    SOLA, 9, 148-152, 2013.

<学会発表>

  1. 玉川一郎,杢野誠也
    JALPS データを用いた中部山岳域での解析雨量と雨量計との比較
    水文・水資源学会 2013 年度研究発表会要旨集、P3 (2013 年 9 月 神戸)
  2. 岩田啓夢,新美潤,原田守啓,藤田裕一郎
    河道直線区間における桟型粗度の流れ制御特性に関する実験的研究
    第68回土木学会年次学術講演会, 2013/09
  3. Morihiro HARADA, Hiroki TAKAOKA, Tetsuya OISHI, Yuichi KAYABA and Yuichiro FUJITA
    Characteristics of Bed Deformation around Submerged Groins with Various Angle
    Advances in River Sediment Research, Proceedings of the 12th International Symposium on River Sedimentation, :851-857, 2013/09, the 12th International Symposium on River Sedimentation

2012年度(H24)

<発表論文>

  1. Taku M. Saitoh., Shin Nagai, Jun Yoshino, Hiroyuki Muraoka, Nobuko Saigusa, and Ichiro Tamagawa
    Functional consequences of differences in canopy phenology for the carbon budgets of two cool-temperate forest types: simulations using the NCAR/LSM modeland validation using tower flux and biometric data
    Eurasian Journal of Forest Research, 14, 2012/12
  2. Morotomi, K., T. Shinoda, Y. Shusse, T. Kouketsu, T. Ohigashi, K. Tsuboki, H. Uyeda, and I. Tamagawa, 2012: Maintenance mechanisms of a precipitation band formed along the Ibuki-Suzuka Mountains on September 2-3, 2008. J. Meteor. Soc. Japan, vol.90, pp.737-753, 2012
  3. 原田守啓,高岡広樹,大石哲也,萱場祐一,藤田裕一郎
    設置角度の異なる越流型上向き水制の河床変動特性に関する実験的研究
    土木学会論文集B1(水工学), 69(4):I_1189-I_1194, 2013/02, 土木学会
  4. 原田守啓,高岡広樹,大石哲也,萱場祐一,藤田裕一郎
    平面形状の異なる帯工周辺の河床変動特性に関する実験的研究
    土木学会論文集B1(水工学), 69(4):I_1177-I_1182, 2013/02, 土木学会
  5. 渡邉信剛・児島利治・篠田成郎・大橋慶介・玉川一郎・斎藤琢,常緑樹林及び落葉樹林における樹冠遮断現象の現地観測とそのモデル化. 土木学会論文集B1(水工学),Vol.68, No.4,I_1759-I_1764,2012.

<論説・総説>

  1. 藤田裕一郎, 長良川とその流域の特徴,長良川流域の文化的景観に関する論考,岐阜市教育委員会

<学会発表>

  1. 玉川一郎、杢野誠也(2012)、国土交通省「解析雨量」と地上観測雨量との比較、中部山岳地域の環境変動の解明から環境資源再生をめざす大学間連携事業ー地球環境再生プログラムー2012年度年次研究報告会, 2012年12月13-14日、岐阜県高山市、CM7
  2. 玉川一郎(2012)、岐阜大学水環境リーダー育成プログラム、 オープンディスカッション会議水に関する国際研究・教育プログラムへの日本からの発信-若手研究者のキャリアアップとジャパン・イニシアティブ-、日本学術会議IAHS小委員会、日本ユネスコ国内委員会自然科学小委員会主催、於文部科学省、2012年10月15日
  3. Saitoh T.M., Naga S., Yoshino J., Saigusa N., Tamagawa I., and Muraoka H. (2012) Carbon budget in a deciduous broad-leaved forest considering the expanded growing period length by global warming. Japan Geoscience Union Meeting 2012, Makuhari, Chiba, Japan, May 20-25, 2012 (Poster; AHW28-P20).
  4. Saitoh T.M., Nagai S.,Yoshino J., Muraoka H., Saigusa N., Tamagawa I. (2012) Functional consequences of differences in canopy phenology for the carbon budgets of two cool-temperate forest types: simulations using the NCAR/LSM model and validation using tower flux and biometric data. Joint meeting of the 59th annual meeting of ESJ and the 5th EAFES international congress, Ryukoku University, Otsu, Japan, March 17-21, 2012 (Poster; P3-299J).
  5. Morihiro HARADA,Yuichiro FUJITA
    An experimental study on flow resistance and boundary shear stress distribution in rectangular open channels with varying arrangement of roughness elements
    Proceedings of The 18th Congress of the Asia and Pacific Division of the International Association for Hydro-Environment Engineering and Research, :282-283, 2012/08, he 18th Congress of the Asia and Pacific Division of the International Association for Hydro-Environment Engineering and Research
  6. 岩田啓夢,新美潤,原田守啓,藤田裕一郎
    台形断面河道における護岸粗度の水理特性に関する実験的研究
    第67回土木学会年次学術講演会, 2012/09
  7. 澤田謙二,伊原一樹,藤田裕一郎,水上精栄
    河道急変部の河床形状と流水特性に関する現地計測
    第67回土木学会年次学術講演会, 2012/09

2011年度(H23)

<著書>

  1. 玉川一郎,天気図と天気予報,岐阜大学教養教育推進センター編教養ブックレットVo.4「世紀の発明・発見」, 発行所 ㈱みらい, ISBN978-4-86015-265-9, pp.78-79, 2012

<発表論文>

  1. Taku M. Saitoh, Ichiro Tamagawa, Hiroyuki Muraoka, and Hiroshi Koizumi, Energy balance closure over a cool temperate forest in steeply sloping topography during snowfall and snow-free periods, Journal of Agr. Met.,67(3), 2011, doi:10.2480/agrmet.67.3.4
  2. Eiichi Shimojima, Ichiro Tamagawa, Jeffrey V. Turner, Experimental investigation of evaporation and  condensation in a sandy soil under simulated arid conditions, 水文・水資源学会誌, 24(3), 159-169,2011
  3. 斎藤琢・玉川一郎・村岡裕由, 渦相関法を用いた炭素収支評価におけるCO2貯留変化量の影響 日本森林学会誌, Vol. 93 (2011) , No. 3 pp.105-112
  4. 渡邉信剛,児島利治,篠田成郎,大橋慶介,玉川一郎,斎藤琢
    常緑樹林及び落葉樹林における樹冠遮断現象の現地観測とそのモデル化
    土木学会論文集B1(水工学), 68(4):1759-1764, 2012/01
  5. 原田守啓,松岡俊一郎,藤田裕一郎
    粗度配置が異なる長方形断面開水路の抵抗特性とせん断応力分布に関する実験的研究
    土木学会論文集B1(水工学), 64(4):I_1273-I_1278, 2012/02, 土木学会
  6. 原田守啓,藤田裕一郎
    中小河川の断面形状と河道粗度設定手法の変遷に関する考察
    土木学会論文集B1(水工学), 64(4):I_1291-I_1296, 2012/02, 土木学会

<論説・総説>

  1. 藤田裕一郎
    7.15岐阜県豪雨災害と可児川災害について
    消防科学と情報,No.105/2011夏,21-26,2011,財団法人消防科学総合センター

<学会発表>

  1. 玉川一郎, 高山試験地気象観測データの公開, 中部山岳地域の環境変動の解明から環境資源再生をめざす大学間連携事業ー地球環境再生プログラムー2011年度年次研究報告会, 2011年12月16-17日、信州大学理学部大会議室、長野県松本市、2011
  2. Saitoh T.M., Tamagawa I., Muraoka H., and Kondo H. (2011) Summer evapotranspiration based on multi-year observations including extreme climatic conditions over a cool-temperate evergreen coniferous forest, Takayama, Japan. AsiaFlux Workshop 2011 “Bridging Ecosystem Science to Services and Stewardship” Universiti Teknologi Malaysia, Johor Bahru, Malaysia, November 9-11, 2011 (Poster; WP065).
  3. Saitoh T.M., Yoshino J., Muraoka H., Saigusa N., and Tamagawa I. (2011) Comparison study in carbon budget over two different cool-temperate forests in Takayama, Japan, using an ecosystem model. International Long-Term Research Network (ILTER) Annual Meeting 2011, Hokkaido University, Sapporo, Japan, September 5-9 (Poster; P1-07).
  4. Taku M. Saitoh, Shin Nagai, Jun Yoshino, Hiroyuki Muraoka, Nobuko Saigusa, Ichiro Tamagawa, Functinal consequences of differences in canopy phenology for carbon budgets of two cool-temperate forest types: simulations using the NCAR/LSM model and validation using tower flux and biometric data, 日本生態学会第59回大会 (ESJ59) 第5回東アジア生態学会連合大会 (EAFES5) ,
  5. 玉川一郎, 接地境界層乱流とフラックス観測, 地球流体セミナー 2011年8月19日~22日 休暇村支笏湖 (講義 1-a 講義 1-b 講義 1-c 講義 1-d 講義 1-e 講義 1-f pdf 講義資料)
  6. 乙部 直人, はしもと じょーじ, 小郷原 一智, 高橋 芳幸, 林 祥介, 竹見 哲也, 玉川 一郎, 鈴木 睦, MELOS 着陸機気象観測検討グループ, 火星の気象測器開発 (Development of Martian meteorological Instruments), 日本地球惑星科学連合2011年大会 P-PS02 Mars,千葉, 2011年5月25日
  7. 藤田裕一郎,守矢清一,水上精榮,原田守啓
    河川における大規模渦運動の実態解明に向けたADCP計測について
    第66回土木学会年次学術講演会, 2011/09
  8. 岩田啓夢,松岡俊一郎,原田守啓,藤田裕一郎
    配置の相違に伴う桟型粗度の水理特性変化に関する実験
    第66回土木学会年次学術講演会, 2011/09
  9. 澤田謙二,阿藤博基,藤田裕一郎,原田守啓
    水難危険個所に内在する複雑な河床地形と流れの様相とに関する調査
    第66回土木学会年次学術講演会, 2011/09