LiDARデータを用いた樹冠形に基づく分類

航空レーザ(LiDAR)は飛行機からレーザ光線を地上に向かって発射し、地表で反射されて飛行機に戻って来るレーザ光線の時間差と方向(方位角、天頂角)と飛行機の位置に基づいて、地表物の位置(緯度、経度、標高)を計測します。

高密度にレーザ光線を発すると、樹木の樹冠の形を再現できます。このようなデータを利用して、樹冠形からスギとヒノキを分類した例を紹介します。

研究成果論文へのリンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjfp/51/1/51_9/_article/-char/ja