Table list
Table list
Home
Home
Research topics
Publication
Presentation
Research grant
Link
Access

English

研究費

【代表】
  1. 科学研究費補助金(KAKENHI) 若手研究(B) 「斜面上の複雑地表面における二酸化炭素・水・熱交換量のモデルシミュレーション」2006−2007年度 350万円.
  2. 岐阜大学活性化経費「森林生態系モデルの高精度化を目指した水循環プロセスとその環境応答の解析・評価」2008年7月‐2009年6月 102万円.
  3. 学術研究助成基金助成金(KAKENHI)若手研究(B) 「山岳地域の森林生態系における炭素・水・熱循環に対する気候変動の影響評価」2011−2012年度 377万円(直接経費:290万円,間接経費:87万円).
  4. 科学研究費補助金(KAKENHI) 基盤(B)「植生遷移に伴う落葉広葉樹林生態系機能の環境応答特性の変遷とその変動機構の解明」2015−2018年度
  5. 学術研究助成基金助成金(KAKENHI) 基盤(C)「冠雪害に伴う自然撹乱前後のスギ林の植生動態変化と生態系機能変動メカニズムの解明」2020−2022年度
【受託研究】
  1. 農林水産省委託プロジェクト研究「人工林に係る気候変動影響評価」 2016-2020年度(森林総合研究所・信州大学・岐阜大学;共同研究機関代表)
【分担】
  1. 独立行政法人日本学術振興会 二国間交流事業・共同研究「山岳地形における物質循環機構解明のための生態系生態学的研究手法の構築」2007-2008年度(代表:岐阜大学 児島利治)
  2. 独立行政法人日本学術振興会 日中韓フォーサイト事業 「東アジア陸上生態系―気候変動の相互作用解明を目指した研究教育拠点の構築」2007年8月‐2012年6月(代表:岐阜大学 村岡裕由)
  3. 科学研究費補助金(KAKENHI) 基盤研究(A) 「複雑地形地におけるフラックス観測の代表性と広域化に関する研究」2009−2011年度 (代表:産業技術総合研究所 近藤裕昭)
  4. 中部山岳地域の環境変動の解明から環境資源再生をめざす大学間連携事業―地球環境再生プログラム―  2010−2014年度(岐阜大学・筑波大学・信州大学),(兼任:中部山岳地域環境変動研究機構組織・共同研究員 2010年6月−)
  5. 科学研究費補助金(KAKENHI) 基盤研究(A) プロセスモデルによる炭素収支のスケールアップ推定の精度検証手法の開発 2012−2013年度 (代表:岐阜大学 粟屋善雄)
  6. 科学研究費補助金(KAKENHI) 基盤研究(A) 「温室効果ガス観測衛星「いぶき」による発生源解析のための局所CO2輸送モデルの開発」2012−2014年度 (代表:産業技術総合研究所 近藤裕昭)
  7. 科学研究費補助金(KAKENHI) 基盤研究(A) 「森林生態系の炭素代謝プロセス動態の時空間的変動機構の統合的解明と温暖化影響予測」2014−2017年度(代表:岐阜大学 村岡裕由)
  8. 科学研究費補助金(KAKENHI) 基盤研究(B)「気候変動に伴うスギ・ヒノキの肥大成長および材質変動メカニズムの解明」2014−2017年度(代表:信州大学 安江恒)
  9. 気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT):近未来の気象災害リスク予測評価技術の開発と人口減少を踏まえた適応策の社会実装,2015−2019年度
  10. Global Change Observation Mission (GCOM) Sixth Research Announcement(JAXA)「GCOM-C陸域生態系情報の検証」(代表:筑波大学 奈佐原顕郎), 2016-2018年度, Co-Investigator(CI)
  11. The 6th Research Announcement (RA-6) for the Advanced Land Observing Satellite-2 (ALOS-2)(JAXA)「陸域生態系の分布とバイオマスに関する、地上・衛星複合観測」(代表:筑波大学 奈佐原顕郎),2016-2020年度, Co-Investigator(CI)
  12. Global Change Observation Mission (GCOM) Seventh Research Announcement(JAXA)「GCOM-C陸域生態系情報の検証」(代表:筑波大学 奈佐原顕郎), 2019-2021年度, Co-Investigator(CI)
  13. 科学研究費補助金(KAKENHI) 基盤研究(B)「13CO2パルスラベリングによる樹幹内炭素配分過程の解明と肥大成長モデルの構築」2020−2023年度(代表:信州大学 安江恒)

(2020.6.9 updated)