第4回流域圏保全研究推進セミナー

開催趣旨:

岐阜大学流域圏科学研究センターでは、流域圏の森・水・物質循環システムの総合的な解明と将来変動予測、生態系サービス、および自然災害リスクの評価などの分野融合的な研究に取り組んでいます。さらに国内外の大学や研究機関、観測・研究ネットワークとの共同研究を通じて、持続可能な流域圏の実現に資する「流域圏保全学」の醸成を促進すべく活動しています。

当センターでは、流域圏科学、流域圏保全学に関連する下記の5課題の共同研究公募を実施しています。

(1)気象・水・物質循環システムと人間活動影響に関する研究

(2)生態系の動態と機能の解明と予測に関する研究

(3)流域圏の安全・リスク診断と、それに資する環境・社会情報分析に関する研究

(4)流域資源・エネルギーの保全・活用に関する研究

(5)その他、流域圏科学の発展、流域圏保全に資する研究

これらの研究に関連する国内外の幅広い分野の研究者・学生が一同に会することで研究交流を促進し、それぞれが持つ研究知見を相互に提供し新たな研究の萌芽を生み出す機会として第4回流域圏保全研究推進セミナーを開催します。

今回は特に平成28年度から継続している「共同研究公募事業(重点課題、一般課題、国際課題)」において開始または推進された共同研究課題のフォローアップを目的として、これまでに当事業で研究課題を実施した皆さんの発表も募集します。

開催日:

2020年3月10日(火)~11日(水)
・3月10日(火)10:00 – 16:30
・3月11日(水)9:00 – 12:00
※開催時間は変更となる可能性があります。また、参加人数によっては3月10日(火)のみの開催となる可能性もあります。

主催:

岐阜大学・流域圏科学研究センター

後援:

  • 日本長期生態学研究ネットワーク(JaLTER)
  • 日本フラックス研究ネットワーク(JapanFlux)

開催場所:

岐阜大学流域圏科学研究センター 総合研究棟F207/208会議室
(〒501-1193 岐阜県岐阜市柳戸1-1)

参加・ポスター発表者募集:

第4回流域圏保全研究推進セミナーに参加を希望される方は、参加登録情報を下記のメールをアドレスまで送付してください。参加登録メールの送信後、4日以内に返信がない場合は、お手数ですが再度連絡をお願いいたします。

参加登録・要旨締め切り:2020年1月24日(金)

参加登録情報送付先: rbrc2020@green.gifu-u.ac.jp

参加登録情報:

  1. 氏名と職位
  2. 所属
  3. メールアドレス
  4. ポスター発表の希望 (Yes/No)
  5. ポスター発表希望者はその発表タイトル
  6. ポスター発表希望者:学生/一般
  7. ポスター発表希望者は以下のリンクから様式ファイルをダウンロードして,要旨を提出してください(宛先は<rbrc2020@green.gifu-u.ac.jp>, 〆切は2020年1月24日)

要旨様式:(LINK

※備考)

  • 日本語で発表される場合には,タイトルと氏名は日本語・英語を併記してください。
  • また日本語で要旨を作成される場合は,A4 1枚以内で作成してください。

交通案内:

バス(JR岐阜駅から9番のりば、名鉄岐阜駅から5番のりば):岐阜バス「岐阜大学病院」行きに乗車し、「岐阜大学」で下車(約30分、運賃330円)
タクシー:約25分(片道運賃:約3,000円)